相手への伝える文章なら1枚になっても

今ではほとんどの人が携帯電話やパソコンを一人一台以上持っている時代になりましたので、必要な連絡があってもメールなどで済ませることがほとんどです。そのため、便箋に手紙をしたためるという風習はかなりすたれてしまいましたが、いつになっても肉筆の手紙というのは受け取る側にしてみればうれしいものです。

手紙を書くことにちゅうちょする理由はいろいろありますが、もともと筆不精な人にとっては、キーボードを打てば簡単に文章が作れるのに、わざわざ便箋を用意して文章を書くということに拒否反応を起こす傾向があります。また、字が汚いので相手に失礼ではないかと考える人、一生懸命文面を書いても長い文章にならないので書く気が起きない人など様々です。

しかしこれはあくまでも自分から手紙を書くときに感じるというもので、受け取る側にとってみれば、伝える文章がきちんと書かれていれば、1枚になっても長い手紙になってもまったく気になりません。むしろ、その人が直接書いた筆跡を見ることで、相手の感情や健康状態などを推し量ることもできますし、選んだ便箋のセンスを見て送り主に思いをはせることもあります。こういった文章以外のところから感じられる書き手のイメージというのは手紙にしか存在しないものですので、時には大切な相手にアナログな方法で連絡を取ってみるのもよいでしょう。

メールが発達している現在であっても、就職活動などで企業にメールで連絡を取ることは失礼だという風潮が根強く残っており、電話や直接の訪問、手紙などの従来の方法でコンタクトを取る傾向があります。これも同じで、だれが書いても受けるイメージが画一的になりやすいメールよりも、相手の肉声や筆跡などを見ることで、その人の本当の気持ちが伝わることが原因と考えられています。履歴書でも同様ですが、文章作りが下手でも、筆跡に自信がなくても、丁寧に自分自身で考えた文章というのは受け取り手にきちんと伝わるものです。